タグ:犬と一緒に ( 63 ) タグの人気記事

犬連れ旅・スキポール空港はちょっと大変・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アムステルダムへは往復ともKLMオランダ航空でスキポール空港発着。
ヴェネツィアからの出発はいつも通り問題なく。
ただ帰りはちょっとややこしいこと連発。
f0225883_06112471.jpg
まず、スキポール空港のKLMカウンター(多分他の航空会社もかな?)
全然カウンターに係員がいないの・・・
f0225883_06135574.jpg
チェックインカウンターゲートで談笑してる係員はいるんだけどね、
チェックインから荷物預けまで、ぜんぶセルフなんです・・・

だけど、うちの場合は犬連れってことでカウンターで手続きしないといけないのです。
なので、カウンターゲートにいる係員さんに犬連れであることを告げて、
指差された方向に歩いていくと一つだけ係員のいるカウンターがあったんだけど。
なにやら前の乗客の方が問題発生みたいで、まつこと15分くらい。

ようやく私たちの番。
で、ここでいろいろと揉める。


①キャリーバック問題
まずはキャリーバックの大きさがアリちゃんの体には小さいんやないか・・・と言い出して。
これは噂には聞いてたんだけど、航空会社の規定通り大きさのキャリーバックと
規定内の体重の犬であっても犬がキャリーバック内で身動きが取れないとNGだと言い出すこと。
エールフランス、ルフトハンザ、KLMでたまにあるトラブルらしいです。

とはいえ、アリちゃんはキャリーバック内で動き回ってるし、
同系列のアリタリア、エールフランスで何度もフライトを経験してること、
モコモコで大きく見えるけど実は小さいことを力説してなんとかクリア。
けど最後まで納得できてない様子・・危機一髪。


②健康証明書問題
EU内で暮らす犬については一部の国を覗いて基本的にEUペットパスポートを持っていれば
検疫を受けることなく行き来することができるんだけど、
公共の乗物、特に飛行機を利用する場合、健康証明書の提示を求める航空会社があるようです。
KLMもその一つ。
実際のところ、どのような証明書が必要か?
往路・復路ともに各国で健康診断がひつようなのか?
と尋ねても欧州あるあるで人によって答えが違う(あまりよくわかっていない)のです。
(今回我が家は一週間程度の旅行だったので自国(ヴェネツィア)の獣医さんで
証明してもらっただけですが、長いバカンスでヴェネツィアに来ている外国犬は
滞在国でも証明ももらいに来ているよ・・・と獣医さん談です)

今回うちも初めてのことで、何が必要なのかKLMのFBページで質問したり、
旅行会社のオネェさんがすごく親切であれこれ調べてくれたけど
まともな回答得られず・・・
結局日本のKLMカスタマーセンターに問い合わせたら、
ヴェネツィアーアムス間で機内持ち込みの犬については不要とのことだったんだけど、
まぁどうせチェックインで揉めるだろうし、健康診断兼ねて獣医さんに行ってきました。

それで、ペットパスポートの健康証明の欄に獣医さんのサインをもらってきといて良かった。
案の定、復路のカウンターで「健康証明書は?」と聞かれました。
本来ならいらなくても、係の人がいると言い出したらやっぱり揉めて時間かかかるので
もらっておいてよかったです。

f0225883_07053650.jpg
スキポール空港はセキュリティーがかなり厳しいのです。
手荷物もコッテリ調べられるし、人間はボディースキャンされるんです。
ワンピースの中に腰痛ベルトしてたんだけど、「何つけてるんだ?」って言われ
「えー!!!!もういったいどこまで見えてんのん?」です・・・ほんと。

でね、アリちゃんはさすがにボディ-スキャンの機械の中は通らないんだけどね。
この小さい子の体をとにかく、係の人がチェックしまくるんです。
胴体だけでなく、脚ももじゃもじゃの顔も・・・・
で、何か重々しい様子を察知してか、アリちゃんガチガチになっちゃって(苦笑)
係の人も思わず私に「この子めちゃくちゃ怖がってるよね?」と言いつつ
チェックしまくるわけです。

ヴェネツィアなんかリュック背負っててもスルーなのに・・・・
f0225883_06532879.jpg
てことで、けっこーお時間かかっちゃいました。
犬連れアムス、スキポールはけっこう大変。

f0225883_07134300.jpg
それから、帰りのフライトは雷雨の中を通ったんだけど、
稲光とともに、機体が大きく下がってね。
機内で悲鳴で騒然としたんです。

心配性な私はいつも「スーツケース手荷物まとめベルト」で
座席とキャリーバックを固定してるんだけど、
これしてなかったらキャリーバック転がったかも。

こういうこともあるので、やっぱり愛犬はキャリーバックの中から顔ださせたりとかせず
ちゃんとフライト中はバックの中でステイできるようにしといたほうがいいと思います。

f0225883_07171216.jpg
そしてヴェネツィア到着。

今回ペットバギーを持って行ってたんだけど、
アムステルダムではスーツケースと一緒にターンテーブルを流れてきたので
ヴェネツィアでも待ってたけど、流れてこない・・・・

ロストバゲージの窓口に行っても、係の人いない。
一人が外に出てどこかに行こうとしたので、この人を逃がすもんか!!と追いかけたら
ターンテーブルの裏手に置かれてた。

ああ・・・イタリアに戻って来たわぁ~と実感。


テキトー大国に慣れすぎて、スキポール犬連れにどっと疲れたガビ夫婦でした・・・







ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2015-11-02 07:37 | ・オランダ・ベルギー

犬を連れて日本へ(まとめ)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

犬を連れて日本へ帰国手続きについて質問いただきました。
コメントに返信して、「送信」したら文字数多すぎてエラー。
そして全部消えてしまった・・・・・orz・・・・


ってことで今まで紹介したことをまとめてみます。


まず日本⇔イタリアの動物検疫については
検疫所のHPで最新情報を確認される方がいいかと思います。
イタリアは指定地域外の国になりますのでこちらを参照↓↓

・指定地域以外から日本に犬・猫を輸入するための手引書→クリック
・犬、猫の日本への入国(指定地域以外編)→クリック
・検疫所への輸入についての質問はこちらのフォームから→クリック
・狂犬病抗体価検査の指定検査施設(イタリア)→クリック


アリちゃんの過去の検疫の手続きについてはこちら↓↓
+犬 検疫/諸手続き
(あくまでも自分メモとして書いていますので検疫所のHPで確かな情報を確認ください)


検疫手続きについては、随時変更等されていますので
わからない事、不明なことなどあれば個人に確認されるよりも
都度検疫所に確認されることをおススメします。


犬のキャビンへの持ち込みですが、
日系の航空会社はすべて貨物室での輸送となります。
欧州の航空会社はほとんどが大丈夫ですが、
重量やケージの大きさなど条件が各社違ってきますので
航空会社のHPまたは旅行会社などで確認してみてください。



フライト時の様子はこちら
アリちゃん空の旅密着24時
アリちゃん空の旅2013


その他手続き
ワンコと日本里帰り・エアーチケット編
ワンコと日本里帰り・おバック編

ちゃんとタグ付け等できてなかったのですが、
ボチボチ暇を見てこの手の情報はタグ欄の「犬と一緒に」にまとめて行こうかと思います。






ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2015-09-23 07:11 | +犬 検疫/諸手続き

飛行機旅とペットバギー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回、飛行機旅だったけど、バギーも持って行きました。
f0225883_18120874.jpg
犬友さんから数名、バギーはどうやって持って行ったの??と聞かれたので
コチラにも。


利用したのはKLM。
うちのバギーは大きいので、持ち込み自体できるのか?ということもあり
KLMに聞いてみました。

まず、イタリアのカスタマーセンターに電話してみる。
まったくお話にならない。
本来、子供のバギーは無料で預けられるのに、それすら有料だと案内してくるし。

こうなったらと日本のカスタマーセンターにメールで聞いてみる。

・大きさが機内持ち込みの荷物の範囲内であれば、手荷物として機内に持ち込める。
・大きなものは預入スーツケースの大きさの範囲内であれば、
 追加料金で、またはスーツケースの代わりとして預けられるという事でした。

今回我が家は、荷物も少なかったし、機内持ち込みの小型のスーツケース2つと
バギー用に預け入れ荷物のチケットを事前購入(片道20€)して
バギーを預け入れ荷物として持って行きました。


が、チェックインカウンターでは、バギーは無料で預かれるよー!!とのことで
(ヴェネツィア・アムステルダム共)結局往復40€のチケットは無駄になりました(苦笑)
アムステルダムに至っては、空港内で使うのであれば機内に持ち込んでもいいよとのこと。
結局、欧州ではカウンターの係員の人次第かな~。
ただ、日本の係員さんは、イレギュラーなことがあった場合マニュアルを熟読されるので
日本から持ってくるときは規程通り有料になるかな?と思います。

預入荷物として持ち込む場合は、ヴェネツィア、アムステルダム共に
カウンターの係員さんの指示してくれる特殊荷物預入口に自分たちで預けに行きます。
アムステルダムの到着時にはスーツケースと一緒に出てきたのだけど、
ヴェネツィアの空港では一緒に出てこずに、
スーツケース受け取り口の脇に置かれていました。
f0225883_18202733.jpg
長い日数の周遊旅行になると、そこまでして持って行ってもバギーはやはり便利。
私が腰痛持ち+足底腱膜炎なので荷物を持って旅できないので、
バギーの中にはほぼすべての荷物が入ってます。

36KG までの犬用なので、アリちゃんの後ろには、
貴重品やカメラのレンズをいれたリュックサックを入れてます。
で、混んでる電車やバスに乗るときにはもちろん折りたたむのだけど、
リュックは犬用で前側に抱えるタイプなので、
荷物の上にアリちゃんを入れて前側に抱えて乗り降りします。

後ろにぶら下げたカバンには、このごろ一眼レフを首からぶら下げるのも
負担になって来たので一眼レフや飲料水、ガイドブックが入ってます。

バギーの全面にファスナーがついてるので、
アリちゃんが歩いてるときはファスナーを閉めて、前側に布で目隠しをして
荷物が見えないようにすると防犯にも役立つの。

今まで、アリちゃんと貴重品とすべての荷物を任されていたパパも
バギーを使い始めてから精神的にも肉体的にも開放されたと言っております。
f0225883_18533156.jpg
寝たい時にこうして寝てくれていたので
長い旅行特有のお疲れでお口がくさくなることも少なく・・・
アリちゃん的にも楽だったかな。

f0225883_18370318.jpg
ただ、注目度はかなり。
犬を飼ってなかったり、あまり犬連れで旅行しない人からは
あまり好意的でない目で見られたり質問されたりする時もあるんだけど。

犬好きさんに至っては、大喜びだったり、
犬を飼ってて旅行に連れて行った経験のある方は近寄ってきて
それ、どこで手に入る??と聞かれることもしばしば。

f0225883_18404292.jpg
(↑↑撮影会始まる・・・の図)


このカート欧州全般にサイトのあるZooPlusという通販で購入したんだけど
今回の旅行で、全く同じカートに乗った小型犬になんと3組も出会いました!!!

この間、ヴェネツィアでも見かけたし。
欧州でも、ペットバギーは普及しつつある???
f0225883_18445485.jpg
イタリアって、ペットホテルとかあんまないし。
あってもワイルドすぎて衛生的にもアリちゃんの性格的にも無理。

アリちゃんの飛行機代に荷物代、結構お金かかるけど、
君のいるたびは数倍楽しいよー♪♪



とかいいつつ、
日本ではじいじとあーちゃんに任せて容赦なく置いてきまっけど(笑)






ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2015-08-19 19:06 | ・オランダ・ベルギー

犬とバカンスと健康。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この間、ヴェネツィアにあるペットショップのウィンドウに
「犬とバカンスに行くなら「La leishmaniosi」にも気を付けて!!」
って書かれた貼り紙がしてあったのです。
正直、この病気は初耳で、日本にはない病気らしいです。
詳しくはググってみてくださいね。


で、最近フロントラインに新しく「FRONTLINE TRI-ACT」という商品が出たらしく
これは蚊除けやリーシュマニア症の虫除けにも効果があるらしく
それならいっぱい効果のあるTRI-ACTに切り替えようかな?って思ったわけですが・・・

ちょうど獣医さんに予防接種で行く機会があったので、聞いてみました。
細かく説明してくれたので、自分メモです。
f0225883_20113657.jpg
まず、ヴェネツィア本島の犬にはフロントラインComboがオススメだそうです。
なぜなら、ヴェネツィアにはリーシュマニア症はまずは心配ないからだそうです。


それよりも、ノミの問題が深刻らしく、TRI-ACTはノミの成虫にしか効果がないけど
Comboはノミの幼虫やタマゴにも効果があるからだそうです。
フィラリアはリスクが高いそうなので、フィラリア薬できちんと駆除した方がいいそう。
よって、

フロントラインは一年中(ヴェネツィアは冬も蚤の被害が多いそう)
フィラリア薬は4月~12月まで投薬にするようにって言われました。


ちなみにイタリアでリーシュマニア症のリスクが高いのは(大まかに)
・リグーリア
・トスカーナ
・ラツィオ
・プーリア
・カンパーニア
・シチリア
・コスタアズーラ
以上の地域に4~11月くらいまでに行くときは TRI-ACTを使った方がいいよとのこと。
それから春にフィラリアの血液検査をするんだけど、この地域に夏にバカンスに行ったなら
合わせてリーシュマニアも調べた方がいいんだそうです。


ちなみにフィラリアのハイリスクは
・べネト
・エミリアロマーニャ
・ピエモンテ
・ロンバルディア
なんだそうです。
ただ、他の州も蚊さえいればリスクはあるので
フィラリアはほとんどのイタリアの州で必要らしいです。

マダニの分布図はこちら⇒クリック

ただ、うちの新しい獣医さん、ちょっとチャラいので参考程度にしていただいて
愛犬ちゃんの予防についてはかかりつけ獣医さんに相談してくださいね。

(この街に旅行に行きますが、どんな病気がありますか?と言う質問には
 責任もってお答えできないし、お調べできないのでご自身で調べてくださいね)


ヴェネツィア本島に関しては
・4~12月のフィラリア予防
・年間通してのノミダニ予防
・ワクチン+レプトスピラ症の予防接種を獣医さんからは勧められています。


+++おまけのアリちゃん+++
f0225883_20312022.jpg
パパがお休みの今日。
ベッタリとくっつき虫状態になってます。萌え~♡




ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2015-06-23 20:36 | +ALYON(アリ)とワンコ

日本行き飛行機旅・アリの持ち物。

日本への飛行機旅の持ち物メモ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アリちゃん5歳。日本へは4回帰りました。
f0225883_21143108.jpg
そんな旅王子のフライト持ち物をご紹介。

f0225883_21195065.jpg
まずはペットパスポート。
イタリアで生まれた犬は法律でだいたい一度目の予防接種時に
マイクロチップの挿入と飼い主の登録をして健康手帳を作ってもらいます。
イタリア国内の移動だとそれを持ち歩くだけでもOKなのですが
イタリア国外に出る場合はペットパスポートを作成する必要があるんです。

で、この中には各種予防接種の記録、
それから狂犬病の抗体価を調べてもらった時や、フィラリアなどの血液検査をした時に
その証明もすべて記入してもらいます。

EU圏内でも国によって犬の入国条件が変わってくるので、
必要に応じて、
出発直前にノミ・マダニや条虫(エキノコックス)の駆除をした証明を記してもらいます。

欧州の航空会社の人も、日本の入国に関してはあまりよく知っていないので、
係員の人もEUペットパスポートの提示を求めてくると思います。

なので日本から犬を連れて来られる方は、
この犬は日本から連れて来た犬でEUペットパスポートの代用として
出国時に日本の検疫所で作成した書類が証明になる旨を
説明できるようにしておいた方がいいかと思います。

国鉄の車掌さんも、稀に健康手帳かパスポートのチェックをする人がいますし、
以前宿泊したジェノバの5つ星ホテルでは、
宿泊時に犬のパスポートナンバーもチェックされました。
ちなみに国鉄で証明書のない場合はその場で列車を降りるか、
50ユーロの罰金となります。


それからファイルの中身は、日本出入国に必要な検疫書類と、
アリちゃんの日本イタリアでの血液検査や健康診断のアレコレ。
それからチケットまたは控えで「PET IN CABINA」と記されたもの。
ペットの超過料金を事前に支払った場合はそのレシートも必ず手荷物に。
一度バーリの空港で、いざ機内で着席し、出発となった時に
外の係員が入ってきて「君たち犬の料金払ってないでしょ??」とかなったことがあります。
ちゃんと手元に往復分のレシートを持っていたので、
航空会社の勘違いか連絡ミスだったんだけど。
イタリアや他の欧州では日本ではあり得ないミスや勘違いをしてくるので
注意が必要なのです(涙)

旅行会社などでチケット購入した場合、PET IN CABINAの記載のないチケットで
届いたときもあるので、
その時は旅行会社が航空会社にオーダーした時のものでもいいので
とにかく証明になるものを手元に持っておく方がいいと思います。

ほんと欧州では念には念を入れておくのがトラブルや時間のロスに会わないコツなのです。
f0225883_21372422.jpg
それからこれらも。
まずはカリカリフード・オヤツ類。

フライト当日の朝はウエットフードをあげてます。
水分のバランスがいいのが一番の理由。

ヴェネツィアから日本への直行便はないので、
ヴェネツィアの空港では水を飲ませるけど、
乗り継ぎ空港からのフライトは長いので水は舐める程度しかあげれないので。

フライト中はキャリーバックから出せないので、一応オヤツも持って行きます。
袋をあけても無臭のもの(笑)
ただアリちゃんはフライト中は、完全に爆睡タイプなのでオヤツの出番は飛行機降りてからです。

オムツは乗り継ぎ空港と、関空の外に出た時用です。
トイレシーツは万が一、乗り継ぎのフライトが欠航したりした時、
ゲボした時などに使う用。

欧州の空港は犬は歩いて移動できるところがほとんど。
アリちゃんは空港では人が多くて落ち着かずトイレシーツ敷いても用を足せないので
オムツして自分のタイミングで用を足してもらいます。

最初の頃はオムツなんて手にはいらなくて、トイレシーツもって尾行して
足あげた瞬間敷いていたりもしたけれど・・・日本のペットグッズに大助かり。

カリカリフードもフライト遅延用に一応3食分くらいは持ってます
あとは小さいペットボトルは機内でお水をもらって少し入れときます。
この大きさだと、ビニール袋に入れておけばセキュリティも許容範囲みたいです。
空港で買う水ってキンキンに冷えてるのでね。


あとは、クールタオルも季節かかわらず持参。
一度、他の乗客の方が冷房が効きすぎるとクレーム出されたらしく
わりと高い温度設定の時があって、その時はキャリーバック内で暴れまくったのでね。
それ以来、万が一に備えて準備。
合わせてフライト前にはボディの毛は短く刈り上げるようにもしてます。
あとはウェットティッシュとか、ウンチ袋とかお掃除セットも持ちまして・・・・


なんだかアリちゃんだけで大荷物になってます。

f0225883_22032512.jpg
++アリちゃん・フライトお荷物自分メモ++
・EUペットパスポート
・ペット機内持ち込み記載のされたチケットまたは控え
・ペット料金支払いレシート〔前払い時)
・検疫書類
  受理書
  輸出検疫証明書
  狂犬病抗体価証明書
  フォームA
  フォームC
  輸出検疫届出書(出国日分)
・カリカリフード(3食)
・オヤツ(無臭)
・水飲みのお皿・小さいペットボトル
・トイレシーツ・オムツ・ウンチ袋
・ティッシュとウェットティッシュ






ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2015-05-17 22:18 | ・日本里帰り2015

アリの散歩道@近江八幡編

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アリの散歩道は、けっこう渋い。
f0225883_16325136.jpg
年季の入った飛出し坊やから始まり・・・
f0225883_16334333.jpg
山をバックに古い街並みをテクテク。
車がすれ違う事の出来ないこの道は、住民やそこに用事のある人くらいしか通らない。
f0225883_16350603.jpg
私が子供の頃には、駄菓子屋さん、お料理屋さん、酒屋さん、
豆腐屋サンにお饅頭屋さんがあったけど、全部廃業されてます。
f0225883_16371025.jpg
テクテク行くと、八幡掘に出るんだけど、
そこにはかわらミュージアムという瓦の博物館があって、
近江八幡の瓦の製法や日本各地・世界各地の瓦の展示がしてあるようです。
f0225883_16395766.jpg
かわらミュージアム内はペットは入れませんが
ミュージアム周辺や八幡掘は犬と一緒にお散歩できます。
地域の方が定期的に清掃して景観を守られてるので、
チッチを水で流すこと、糞の持ち帰りはしてあげてくださいね。
f0225883_16460888.jpg
八幡掘のすぐそばに、日牟礼八幡宮もあるんだけど、
今回は喪中なので近寄れないなかったので未確認だけど、
先代犬のいる時から、一緒に参拝してるので多分犬も大丈夫だと思います。
排泄はさせないように気を付けてます。

それから神社の隣にはロープウェイ乗り場があるんだけど、
ロープウェイは犬NGでございます。
f0225883_16471097.jpg
かわらミュージアムから八幡掘りに降りることができます。
車の心配がないので、ちょっとの間だけノーリード。
f0225883_16475411.jpg
あ:「やっとこフリータイムが来たで」
f0225883_16484525.jpg
ヴェネツィアではノーリードでお散歩することが多いせいか
リードが不満であんまりちゃんと歩かない。
かといって、ノーリードでも飼い主のそばからあまり離れないように育っているので
ドッグランとか行っても自由に遊ぶっ勇気はない子です。
とほほ。
f0225883_16505951.jpg
この辺りは映画やドラマの撮影でよく使われているんです。
f0225883_16535429.jpg
今頃はお堀沿いの桜並木がキレイなのかな~。
日本の桜はもう何年もみてないの。
花見した~い!!!!!宴会した~い!!!!
f0225883_16520586.jpg
あ:「な、アリの散歩道、しっぶいやろ?」





ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2015-04-05 16:59 | ・日本里帰り2015

ずらり。お客ワンさま。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ママン~!!!時間ないー。
とりあえず悶絶写真集見てちょ。


トイプー好きさんにはたまらない我が家のお客ワンさまたち。


まずはトーキョーからお越しの・・・・(飼い主ブログはこちら⇒クリック


Pecoさん
f0225883_03184709.jpg
ゴンゾーさん。
f0225883_03191846.jpg

そしてミラノから今回はホテルステイだった(飼い主ブログはこちら⇒クリック


Apollo兄ちゃん(アリとは父母犬とも全く同じの純兄弟)
f0225883_03205187.jpg
アリの恋人 Chloeちゃん
f0225883_03220964.jpg
お客ワンさま滞在中はアックアアルタと雨で、
毎朝アポクロはホテルから我が家に通うだけ(苦笑)


5ワン揃いましたが、大人しい子たちばっかりなので喧嘩もなければ
暴れもしない、まったり雨の一時をそれぞれの飼い主に甘えて過ごしてはりました。
f0225883_03242325.jpg
この方は、誰が来てもマイペース(笑)



悶絶いただけたかしら?




ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2014-11-15 03:28 | +ALYON(アリ)とワンコ

そうだその通り!!だけど?なお話@ヴェネツィア

お食事中の方はご注意を!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


今日、近所の道端でこんなん見つけました。


f0225883_23351933.jpg
この黄色い用紙の真ん中には、ワンコのウ○Pが。

あんまり近寄って取りたくないシロモノだし、拡大もしたくないので
よく見えないのだけど。

何が書いてるかと言うと・・・

  ++++++++++++++++++++++    

     「デッカイのしたねー!!」
   みんなワンコが大好き、でも汚いのは嫌い!
   みんなで街をきれいに保ちましょう!!

  ++++++++++++++++++++++
って感じのことと、
この活動をしてはるグループのフェイスブックページが書かれてました。


確かにその通りで、ヴェネツィアの犬飼さんの中にはマナーが悪い人が多い。
ヴェネツィアだけじゃないと思うけど。

でもヴェネツィアは路地が多いこと、ワンコをノーリードで歩かせる人が多い分、

人目に付かないから放置、
ノーリードだから気づかない、
または気づかないフリをする。

そんな人が多いです。


そして・・・これまた許せんことなんだけど、
取るには取ったけど、紙に取って運河へポイする人(言い分はそれが自然の摂理だそうです)
取った袋を道端に放置する人(イタリアのウ○P袋は薄いので踏むと破れて大惨事)
そんな人もすごく多い。


うちは夫婦で胸を張って、今まで一度だってアリちゃんのウ○Pを放置したことないし、
ちゃんとゴミ箱に捨てるか、お家まで持って帰るし、
ゆるウ○Pの時はティッシュで道も拭いてるもん!と言えるので、


この活動、そうだ!その通りだ!!と賛同したいところなんだけど・・・・
はて?この用紙は誰が拾うんだ?ともチョット疑問に思ったりしてます。
ゴミ増えてない?


ただ、ここまで活動しないといけないくらい、
愛犬家のマナーが悪いってことです。







ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2014-10-03 23:55 | +ALYON(アリ)とワンコ

三度目の検疫準備完了!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日の午後一番暑~い時間に、
パパとアリちゃんを連れて水上バスに乗って電車に乗って本島を出た
メストレ地区にあるULSSに行ってきました。
f0225883_00545386.jpg
水上バスも電車もクーラーが効いてないのでアリちゃんはひんやりタオルで
熱中症対策。


ヴェネツィアの動物検疫はまたまたシステムも場所も変わっていました。
メストレもヴェネツィア本島も予約制になってます。
(ULSSのHPはこちら⇒クリック
f0225883_01023159.jpg
駅から徒歩15分。
住宅街の中にある建物に場所です。
バカンス前で犬猫のパスポート申請に来る人も多く
週に二回午後しか開いてないので予約はいっぱい。

来年もこの時期だったら早めに予約しなくちゃ!!です。

ちなみに、ULSSでの検疫準備は出発の2日前が好ましいのですが、
予約や仕事の関係などで行けない場合は、10日以内でも認めてくれてはります(都度要確認)


日本の検疫所は本当に親切で、届出書を提出した時に、
こんな丁寧なメッセージをくださいます。

++++++++++

動物検疫所では、到着時の書類不備を未然に防止するため、準備段階の証明書を
随時FAX等で受け付けています。
送られてきた証明書について、毎回事前審査し、回答していますので、是非ご利用下さい。
その際は、受理書を添付してください。
Form A、Cに裏書きを取得される前に、一度ご提出をされる事をお勧めしています。
(裏書き取得後の証明内容の訂正は非常に困難なため。)

++++++++++

ありがたいことです。
なので私は毎回、書類を送って確認してもらってますよ♪
空港で不備があって迷惑かけるよりはきっとずっといいはずですからね。


そんなわけで、書類の事前審査をお願いして、
今朝「不備なし」のお返事いただいてホッと一安心。

f0225883_01170942.jpg
また急に暑くなったので、あとは体調管理をしっかりして出発を待つのみです!!


私は荷造りの仕上げと、長く家をあけるのでお掃除頑張るぞー!!






ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

[PR]
by mammi_venezia | 2014-07-17 01:23 | +犬 検疫/諸手続き

長旅に備える。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今月、アリちゃんを連れて日本に帰ります。
ヴェネツィアの家 ⇔ 滋賀の実家 までは24時間の長旅です。
人間だってしんどいから、
アリちゃんもしんどいだろうな~可愛そうだなぁ~とは思うんだけど、
約3週間も置いてくわけにも行かないし。
f0225883_19275128.jpg
ってことで今年も時間調整してます。

いつもの生活時間をチョットずらして、フライトで機内が消灯するころに
熟睡スイッチが入るように。
あと、日本着いてからもなるべくこっちの生活と時間差ができないように。

と言っても特別何かするわけでもなく、私の家事のリズムを変えるだけ。
いつもは私が何時に手が空いて遊んでもらえるか、
散歩に行けるかに合わせて寝たり遊んでオネダリしたりしてるからね。

初日は掃除機と並走したり、歩いてるワタシにぶら下がってきたりもしましたが・・・・
少しずつ空気よみはじめてきた感じ。


上手く時間調整できてアリちゃんの旅が少しでも楽になったらええなぁ。
上手に日本まで帰れますように!!






ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2014-07-06 02:53 | +ALYON(アリ)とワンコ