「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

誘いに行くアリちゃん。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


だいたい季節でワンコの散歩の時間は決まるもの。
なので散歩中にみんなと会えたりしてたんやけど、

暑かったり寒かったりすると散歩時間がバラバラ。



ってことで、友達の家のの下まで誘いに行くアリちゃん。
f0225883_1781059.jpg



何を話してるんだか?
f0225883_1784082.jpg



かわゆす。





**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-30 17:10 | +ALYON(アリ)とワンコ

暑かったり寒かったり。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


6月初旬、まだスプリングコートが必要やったのに。
そのご一気に猛暑が来て。
雨が降ってまた異様に寒くなりました。


なんじゃこら?


f0225883_17431860.jpg


ありちゃんは元気ですが、食べムラが出始めて、ユルうんちです。
今日はご飯量をグンと減らして様子見。

もうすぐ、近所の女の子がヒート(発情期)みたいで
それにつられてる可能性も大。


とにかく一か月後には日本へ出発。
体調壊されたら大変!!!!


来週はまたグンと暑くなるみたいやから、涼しいうちに大掃除です。
主婦が二か月家をあける準備はけっこう大変。





**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-29 17:47 | +暮らし

うちの子とカモメの子。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


うちの子、アリちゃん。
玄関あけたら弾丸ダッシュです。
f0225883_518451.jpg




ダッシュした行先はチッコポイント。
f0225883_5194311.jpg



もうチッコのことしか考えてないので、目の前の異物(カモメの子)に全く気付いてへんし。

f0225883_5214869.jpg



ま~ったく気づかれてないのでカモメの子も逃げよかどうしよか困惑中。

f0225883_5225539.jpg

あ:「きもちぃ~よか~・・・・・ってゲー!!!!」みたいな。


ほんまだいぶ経って気づいてました。
(しかもチッコしながら驚いてました)


そいでもってカモメの子、プリッ尻を狙われて逃げてきました。
アリちゃん、基本犬でもネコでもカモメでも尻のニオイさえ嗅がせてくれたら
お友達~♡な子ですけど。

カモメの子的にはNG。
このごろは親カモメを見ないけど、この子はどうやら巣から落ちたみたいで
落ちてすぐのころには親カモメが始終監視していて、近づくと威嚇されててん。

そやし気を付けないと・・・・




一匹だけかと思ってたら、今日は二匹になってました。
しかも一匹は片足怪我しちゃってるみたいでビッコ引いてたよ。
f0225883_5263238.jpg


去年は友達の近所で巣から落ちたカモメの子(お話のその①その②)がいてました。
立派に大きくなってたので、この子たちも大きくなれたらいいなと思う。

このごろ親鳥を見ないから、心配になってガビさんと対岸からパンを投げてあげてみた。
怪我してない方のカモメの子は食べてたけど、怪我した方のカモメの子は上手くかがめないみたいでね。

f0225883_53039100.jpg


カモメは生ごみを荒らすし、街の嫌われ者やねん。

最近は鳩への餌やりも禁止されてるんやけどね。
目の前で弱ってるとどうしても、何か食べさせてあげたいと思ってしまう。


なんとか大きくなって、立派な嫌われ者に育ってほしいもんやね~。





**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-28 05:44 | +ALYON(アリ)とワンコ

チア犬わらわら~。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


このごろ、アリ散歩はご近所周りを一日三回。

今日は涼しかったので、ちょっと遠くへ足をのばしてみてん。



ワンコ広場です。
f0225883_4554798.jpg



待ってます。
f0225883_4564547.jpg



わらわら~。
f0225883_4564162.jpg


♂ 4匹。 
♀ 2匹。

なのに、この日のメンツはリーダータイプがいなくて、みんなまとまりなくワラワラ~。
男の子はみんな、お玉ぶら下げてたけど、喧嘩なし。

チア犬・・・・素晴らしい。



*チア犬=ヴェネツィアの犬。





**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-27 05:01 | +ALYON(アリ)とワンコ

甘え貯金。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



あと一ヶ月でパパとしばしのお別れです。
わかっているのかわかってないのか・・・・甘え貯金中のアリちゃんです。
f0225883_16432180.jpg

わたしがこのごろ「パパともうすぐバイバイやねー」とか言うからかな?



アリちゃん、
「パパ=ガビさん」
「バイバイ=どこかへ行っちゃう」を理解できるのです。




**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-26 16:46 | +ALYON(アリ)とワンコ

玉取物語・苦悩編。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


この夏の里帰り。
もう一つ大きな、いや最大のミッションがあります。
f0225883_17263548.jpg

アリ王子の「玉取り」です。

つまり去勢手術。

オス犬を飼うに当たっての最大の問題です。
飼う前は、犬同士の喧嘩や、マウンティングや、マーキングを心配して
すぐにでも去勢するつもりでいたんだけど、

ここはイタリア。

必要がない限り去勢はあまりしないようで、
近所のオス犬達も立派なお玉をぶら下げつつも飼い主に従順でイイ子がほとんど。
(最近知ったけど、我が家付近の子たちは格別、イイ子ちゃんが多い)

獣医さんにも、
「何のために元気なうちに去勢するの?病気やトラブルがでてからすればいいじゃない?」
と一蹴されたのでした。

f0225883_17371082.jpg


先ずはブリーダーさんから引き取る時期を、早く会いたい気持ちを押さえて
まるまる3か月母犬の元で育ててもらったの。
私的には、子犬が母犬や兄弟犬との生活で学ぶことはかなり多いと思うねん。

それから、アリのテリトリーは子犬の時は部屋半分、今はリビングだけ。
家が狭いのも手伝って、彼のテリトリーはすごく狭いです。

あと、子犬の頃は無邪気というか加減知らずで友達ワンコの顔を引っ掻いたり
飛びついたりする躾を、ご近所ワンコに任せました。

アリの何倍もある大きな子たちが、
飛びつくアリを鼻で倒して脚で押さえつけて、転がして教えてくれたよ。

その姿を見てるのは怖くて何度も止めに入ろうとしたけど、
飼い主さんが「犬の躾は犬がするからね、黙って見てなさい」って教えてくれて。
こうして、ちゃんと躾を知ってる飼い主さんと友達ワンコがいてたおかげで
成犬になった今も、オス・メス関係なく喧嘩せずに遊べる子に育ったの。
犬の中の上下関係もこうして覚えたのが良かったのかもしれない。


ただ、思春期には「オレ、もしかしたら強いかも?」という感違いを起こすようで
気の弱そうな子に対して吠えたり、唸ったりした時期も・・・

そん時は、だれが見てようが、引かれようがお構いなしに、
地面に顔を抑えつけて「あんたはボスやないねんで!!」ってことを教えたりもしたっけな(遠い記憶)


ただ、そんなアリもヒートの香りが漂う時期にはガウガウするのが抑えられず
出会いがしらにいきなりバトル勃発するときも。
もうこれは抑えきれないものなのかもしれない・・・・


f0225883_17502984.jpg


マウンティングに関しては、最近まで全くなし。
今年の冬に、クロエちゃんに一度試みて、愛するクロエちゃんにドン引きされて以来なし(笑)
数か月前ヒートの時期に、
ワタシに向かって怪しい動きをしたので、「NO」と言って
そのまま外に出てしばらく一人で反省させたのが効いたのか全くなし。


マーキングに関しては、お手上げ。
こればっかりは上手くいかなかった・・・と言うか、
マーキングさせずに散歩させてるワタシに周りの犬飼いさんたちが
そんなことしちゃいけない、これは大事なことやから・・・と教えてくれて。
まぁ住む環境が許すなら・・・と躾をしていないんよね。

メス犬に対する興味はすごくて、
散歩中にメス犬のチッコなんか見つけようもんなら「がぶ飲み。」
それに、ヒート前後の子がいると異常なまでの執着で手が付けれなくなるんよね。
体が小さいので、飼い主さんも周りの人も
「がんばれー!!」とか
何故か頭にかぶりつくので「間違えてるぞー!!」とか声援を受けて爆笑の渦になるんやけど。
体が大きかったら怒られてるよね~きっと。


f0225883_17574414.jpg

そんなわけで、去勢しないことによるオス犬の問題行動は、
周りの環境と彼の性格と躾を頑張ったことでクリアして来てんけどね。


健康面で問題が。

去年の夏にお腹を壊して、血液検査と、尿を膀胱から直接採取して検査したところ、
尿の中に精子が割と多く含まれていたり、クリスタル(水晶体?)も歳の割に多く出ている。
それが今年の春の検査でも同じように出たことで、
将来、前立せん肥大やその他の病気になる可能性がかなり高いように言われ。

どうも、ヒートの時期には胃酸過多になって、胃酸を吐いたり、
メス犬のことが気になって、ご飯も喉に通らない僕ちゃんになってるみたいなこともあり
いよいよ本格的に去勢を考えないといけなくなってん。


f0225883_185857.jpg


ただ、こっちでは割と自家繁殖も多くて、
獣医さんからもお見合い話が持ち込まれたり、
アリは可愛いから子供産ませてから去勢すれば?と言われたりするのもあって、
「アリちゃんの赤ちゃんみてみたいなー」っていう思いがあってん今もまだ悩んでるんやけどね。

今回日本で・・・と思い始めたのは、
信頼してたキアラ先生が、来月いっぱいで病院を閉めはることになってね。
もともと、キアラ先生は信頼できるけど、
病院は設備が少なかったり診察時間が半日やったり。
あと言葉の問題と(体調の微妙なニュアンスを伝えるのはホントに難しい)
それから、パパは朝から夜中まで家にいないから心細いのもあって。

こんかい2か月と長い日本滞在になったので、
設備も整って、言葉も十分通じて、そして私のそばには実家母がいてくれるので
日本で「玉取っちゃおうかしら?」と悩んでいるわけです。


もちろん、日本までの長いフライトや、夏の暑さ、環境の変化。
とくにパパなしで異国に連れて帰られて乗り越えられるのか?って言う懸念もあるので
それは十分様子を見て、獣医さんと相談して決めるんやけどね。

でも、日本は事前に検査したり、近所の病院のHP見てても設備もすごいし、明らかに清潔だし。
なんでも麻酔がかかってる間に歯もキレイにしてもらえるらしいし。
その歯石取る設備も素晴らしい~♪
何より、キアラ先生が去った後、獣医さんジプシーになるわけだから、

キアラ先生的にはリミットは5歳まで。
ってことは来年にはしないといけないし。


やっぱり、アリの健康を思うと、日本でできるならしようかな。

f0225883_18354050.jpg

あ: 「僕はこの夏・・・<K.A.M.Aちゃん>になるかも知らんわー」



たかが玉取り・・・・されど玉取り・・・・取ったらもとには戻せんので悩むのであります。






**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-24 18:37 | ・玉取物語

知って怖がるマダニのお話。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


今年日本はマダニの話題で持ちきりみたいで、もうマダニ博士がたくさんいはると思いますが。
ここだとマダニとダニとノミとよくわからん~って友達ばかり。

そういう、私も去年まで、家の中のダニとマダニの違いを知らなかったです。


このブログ、海外在住の方もたくさん見てくれてはるし、
もしかして、「アリちゃんって小汚い子?」なんて思ってはっても嫌なので(笑)
ちょっとマメ知識披露しちゃいます。


マダニ画像も出てくるので見れる人だけ読んでね~♪


そもそも、家のお布団なんかにわくダニとマダニは生態が全く違います。
お布団なんかにわくダニの餌となるのは埃や髪の毛、食べこぼし・・・etc・・・

一方マダニの餌となるのは血液オンリー。


マダニは草むらや花壇、植え込み、
壁の隙間(湿度さえあれば飲まず食わずで一年くらい生きれるらしい)、石のした、砂浜などに生息。
動物などに付着して、落下した場所でしばらくは生き延びることができるらしいです。

ジッと息をひそめて、宿主を待ち続けたマダニは動物の
振動、体温、二酸化炭素を察知して宿主に寄生します。

マダニはノミと違って飛ばないので素早く草などのなるべく高い位置に移動して
宿主によじり登るそうです
ピョンと少し飛ぶっていう話も(ワタシが想像するに、蜘蛛の動きと同じ感じ)
でも体の上や床の上をピョンピョン飛んでたら、それはおそらくノミです。

そして体温の高い子や、二酸化炭素を多く発散している子ほどマダニがつきやすいそうです。
それからマダニは白色を好むらしいので、白い被毛のある子ほど要注意。
そういえば、ありちゃんが噛みつかれてるのも見事に白い毛の所です。



そのマダニのライフサイクルはこんな感じ。
f0225883_16534381.jpg

つまり吸血しない限り、成長していけないってこと。
しかも最短でも4日間は吸血し続けます。

そしてその吸血の段階で駆除するのが、
フロントラインやフォートレオンなどのノミダニ駆除剤。
なのでペットに、これらの駆除剤を使用していれば、まず家でマダニが繁殖することはないです。
(人の血を吸っている場合を除く)

薬剤を投与している犬や猫に寄生したマダニは血を吸って自爆していく仕組み。
だけど、アリちゃんの使っているお薬は、噛まれることを阻止する作用もあるので
家の中に落っこちちゃう可能性も出てきます。
なのでお散歩の度のブラッシングとボディチェックは欠かせません。
(それでも噛まれてたので只今悩み中。)


餌となる血を吸わなければ成長もできないし、産卵もできないので、
繁殖はしないけど、家に入りこんだその一匹は湿度さえあれば
1年くらいは生き残れるらしいので、
我が家はアリちゃんのクレートやバック、お布団、シーツ、家具や壁の隅なんかを
重点的にお掃除してます。

小さな家なのと、アリちゃんはリビング兼寝室だけしか自由に入れないようにしているし、
石の床と、真っ白な壁、かーペットなんかも敷いてないのでそんなに掃除には苦労しない感じです。
(一匹のマダニが卵を産む数は何と!数百~数千個です、そうなるともう地獄絵巻)



マダニがつくのは犬や猫がもちろん毛があるぶんつきやすいけど、人にもつきます。


マダニは吸着中に、神経を麻痺させる成分を皮膚に送り込みながら吸血するので
噛まれている最中は痛みも痒みもあまり感じないので
噛まれていても大きくなるまで気づかないことが多いのです。

人の場合は犬のような薬が使えないので、お風呂で体を洗うときや、
頭を洗うときにポチッとしたイボのようなものがついてないか要チェックです。

それから、こっちではスーパーに、マダニにも効く防虫スプレーが売ってるので
森林なんかに行くときはこれを使う方がいいかもです。



で、詳しくはこのHPがわかりやすいのでこちらを見てね⇒クリック



でね、ここからはイタリアのお話。
一応信頼できるULSSやASLのHPからの抜粋ですが、足りない部分もあると思うので参考まで。

今日本で死者が出ているSFTS(重症熱性血小板減少症候群)についてはイタリアにはない、
または未確認です。


イタリアで今現在、人や犬がダニに噛まれて特に注意すべき病気は
・リケッチア (rickettsiosi)
・ライムボレリア症( borreliosi di Lyme)
・ダニ媒介性回帰熱(febbre ricorrente da zecche)
・野兎病(tularemia)
・ダニ媒介性髄膜脳炎(meningoencefalite da zecche)
・エールリヒア症 (ehrlichiosi)


ダニに噛まれてから数日~数週間で、
インフルエンザのような症状(悪寒、疲労、頭痛、全身倦怠感を伴う中等度または高熱)や、
関節痛、筋肉痛、あと皮膚に赤身を帯びた湿疹のようなものができたら
すぐにダニを持って病院に行くとこが薦められています。



それから欧州にはFSMEという怖いダニ脳炎のウィルスを持つダニが生息しています。
主に、中欧・東欧・北欧の一部の森林地帯に生息するのだけど、
一部イタリアでも生息が確認されてる地域があります。

この地図の赤い色の辺りの森林や草むらでは要注意です。
f0225883_6231916.gif




イタリアで一番注意が呼びかけられてるのは人も犬も、ライム病です。
マダニが吸血してから17時間以降に菌が伝播され、潜伏期間は数日~数週間。
早期発見すれば、抗生物質で治療が可能だけれども、
初期症状を見逃した場合、一旦症状はおさまり、
次は顔面麻痺などの神経症状が出ると治療しても後遺症が残ってしまうこともあるそうです。


イタリア全土で感染の可能性はあるけれど、
特に注意するのはべネト州、トレンティーノ・アルト・アイジ州、フリウリヴェネツィア、
その次にトスカーナ州です。


加えて西日本で恐れられている「犬バべシア症La babesiosi (piroplasmosi) 」も
イタリアには存在します。
ただ、色々検索ワードにかけてみたけれど、
イタリアでの発生地域なんかが記載されたページは探し出せず・・・
とある英語の論文によると、イタリアでは特に中央~南イタリアで確認、
ただしパーセンテージを出すのに値するデータがないようなことが書かれてました。

ただ、獣医さんによると、やはりバべシアもイタリアには存在するとのことでした。

バべシア原虫が犬に伝播するのは吸血開始から36時間~48時間。
犬駆除薬をしていれば、ほぼその時間内に駆除できるらしいので、
感染のリスクはかなり低くなります。

それから犬バべシア症は人とネコには伝播しません。


犬がかかって厄介な病気のもう一つの代表格はエールリヒア症。
イタリアはハイリスク国です。
犬のE. canisという病気を媒介するマダニは
Rhipicephalus sanguineus (Brown Dog tick)と言う種類のようなのでググって見ると、
(イタリアにそれ以外にエールリヒアを持つダニがいるかは、わかりません)
このマダニはローマ以南、シチリア、南イタリアで多く生息が確認されているようです。
(乾燥した暑い地域を好むようです)



ただ、イタリアってなんでもそうだけど、
日本のようにデータ収集が完璧にされてるわけやないので、
他の地域でももちろんこれらの病気にかかる可能性はあるわけです。


ただ、すべてのダニが病原菌を持っていることはなく、ごく稀に病原菌が伝播される程度。
その確率は人や犬が交通事故に遭うよりも低いと言われてますから、
むやみやたらに怖がる必要もないみたい。


去年は初めて見るマダニにアタフタしてしまい、
ネットの情報を見ると怖いことばかり見つかるのでノイローゼになりそうになったけど(爆
今年は心に余裕ができ、と言うか欧州でマダニなんて日常茶飯事的なことみたい。


とはいえ、去年の夏、お腹壊して毎日のように通院してたときに、
トレンティーノの山でライム病にかかったワンコと飼い主さんに出会ったので、
ちゃんと知識を持って予防して、対処してマダニとお付き合いしないといけないみたい。
(うち、去年なんも知らずに予防もしないでお山バカンスしてたのが怖いわー)


小型犬においては、ほんの数匹のマダニに吸血されることで貧血症状を起こしたり、
アリちゃんのようなデリケート王子様だとアレルギーの原因になったりもするので
過保護な私は神経をとがらせちゃっているわけです。



でも、マダニマダニと怖がっていては、お散歩もできないし、お友達とも遊べないし。
いろいろ制限しちゃうことでストレス溜まって別の病気になるほうが
マダニに噛まれて感染症になるよりも確率高いわけだし。


ちゃんと予防して対処して、上手く付き合うしかないのかなー?
早くいいお薬かお注射でないかな~。






なるほど~と思ってもらえたらポチッとしてね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-23 06:54 | ・マダニ日記

別居しま~す♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


オシドリgabbi夫婦でしたが、別居することになりました。


・・・・ってね、半分冗談やけど。


当初は秋にみんなで揃って里帰りする予定やったけど
私の体調がすこぶる悪いので、一足先に日本へ帰ることになりました。
8月9月は日本で過ごします。
注)ご懐妊ではないです。

ガビさんは遅れて来て、仲良く一家そろってイタリアに戻ります。
(ワタシはブーブー文句いいながらね・笑)



さてさて問題はこの方。
2年前の里帰りフライトでは生まれて初めてのクーラーの快適さに爆睡してくれたんだけど。
乗り継ぎのローマの空港ではパパが数メートル離れただけで大騒ぎ。

果てさてどうなる事やら???




クレートもしばらく使ってなかったので、試してみたよ。
f0225883_18111657.jpg

「ハウス」のコマンド出すまでもなく、自ら出発準備。


ええこっちゃ。


f0225883_18127100.jpg


しかし「出ておいで」って言うても出てこないわー。
どこか連れてってくれるまで出ない気らしい。

散歩でも行くかね?





++おまけ++
f0225883_1815438.jpg

プリッ尻が納まらなくなりました。
ひとまわり大きいの買わないとしんどいかも~。
搭載拒否に合っちゃうかも~。






**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-22 18:19 | +暮らし

また、マダニや~!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


あ:「今度はプリッ尻を噛まれて~ん」
f0225883_20154979.jpg



今朝、お散歩行こうと思ってアリちゃん抱っこしてたら手に違和感。
部屋に戻って見てみたら・・・マダニ!!!!!


実は先日もベットの上をマダニさんが歩いてたもんでね。
このごろは、散歩の度にスリッカーブラシと、コームで梳かしてるんやけど。
ちゃ~んと、ブラッシング用に真っ白なマットまで用意して敷いてんねん。
ボディはノミ取りで、顔は目の粗いやつで。
なんでかって言うと、顔をノミ取りでやると髭が抜ける・・・orz・・・・

そやけど、ノミ取りコームのかけ過ぎなんか、
最近はモジャモジャの毛が梳かれることで、アフロ状態。
密林化してしまってるし・・・・

おまけにノミ取りコームも、こっちで買ったのが使いにくい。
重いし、、、持ちにくいし、、、隅がやりにくい。
日本でええのん買わないと~。

今日、取ったマダニを机の上に置いてパパと観察したけど、
その歩くスピードの速さに驚き。

こら、ブラッシングしても逃げてそうな速さ。
もじゃもじゃの密林をこの速さで逃げられたらお手上げ。

それにしても黒モジャの毛はホンマ厄介やわ~。



わたし、一週間に5日間くらい暇なもんで(笑) 
家はホンマに丁寧に掃除してまんねん。
何や最近ご近所が工事してるのもあって、日に2回は必ず掃除機&拭き掃除するし。

ヴェネツィアの古い家やから、隙間から蟻やら蜘蛛やら、
何年かに一回サソリもでてくるので(刺されたら高熱が出るだけのやつ←十分怖い)
壁と床の隅っこは隙間ブラシでお掃除するくらい丁寧にね。してんねん。


そやし、去年とか春のマダニを家で自家繁殖ってことはあり得へんよ。
(卵産まれたら数百匹が家の中をうろうろしてるハズ)

ワタシが喘息アレルギーの体質やから、
お布団やシーツも洋服のほこり取りでゴミもとって普通のダニ対策もしてるくらい。


ほんまやで(実家母に向けてのアピール)


ってことは外からやねんけど。
f0225883_20274754.jpg


アリちゃんの散歩道・・・・草ないし。
(ヴェネツィアは春先になると、市役所の人が除草剤を撒いてるのを見かけるんだけど、
  我が家は付近はその後きれ~いに草一本なくなるわけ)

f0225883_20281754.jpg


土すらないし。

f0225883_2029539.jpg


壁の隙間に潜んでるのか???



まぁ確実なのは、ここ↓
f0225883_20295573.jpg

でもここは、マダニ事件いらい一切近づいてないのよねー。

ただね。

アリ友は相変わらずここでチッコを満喫。

よく、こっち方面からスッキリしたアリ友に出会うんよね。



ほんでもってアリちゃんって、出会ったら「どうぞ」と尻を差し出すもんやから~。
こんな風にね↓
f0225883_20431992.jpg



そんなことで、
アリ友草むらに顔突っ込む⇒マダニが鼻先に付く⇒アリ尻差し出す⇒マダニをこすり付けられる???
そんな方程式も想像したりしてます。
そやけど、友達と遊ぶのだけが楽しみのアリちゃん。
それも我慢させるのはちょっと可愛そうすぎるって言うか、ストレス溜まって体に悪そう。


今回も「噛み」が浅いうちやったので、マダニ用ピンセットで取りました。
(こっちの獣医さんに付いたらどうしたらいいか聞いたら「マミが取ればいいのよ」と
あっさ取り方レクチャーうけたのでね・・・ワタシが取るしかないのだ。)

ただ、くれぐれも言いますが、
・ヴェネツィアには怖いマダニが少ないらしい。
(特殊な町だし、野良猫や野生動物も少ないし、
ちゃんと犬を飼ってる人たちなので駆除薬などもちゃんとされてると思う、
そして獣医さんが今までダニの症例を見たのは一件(ライム病)だけって言ってた。
しかも、トレンティーノの山で感染したらしい)
・今回噛みがかなり浅かった。


ので、自分で取りました、だからマミさんもとってはるしぃ~と真似しないでね。



前回アドバンティクス(フォートレオン)から28日経過(一回シャンプー済)
なのでさっそく、先ほどアリちゃまをシャンプーして、完全に乾いたらアドヴァンティクスします。


アドバンティクス(フォートレオン)しても噛まれてるんやけどね、
シャンプー前についたのは噛まれずに離れてシーツの上に落ちてたわけです。
シャンプーとかすると、「噛まれる」可能性は高くなるのかな?


でもまだ、噛んで吸血することによって駆除できる効果はあるかもしれないし。
フロントラインと違って体に残りにくいらしいから引き続き使用してくかな。



それにしても、こんな緑のない街で、
散歩の度にブラッシングやらスプレーやら頑張ってめっちゃ注意してんのに。
なんで付くの?

涙が出ちゃう。







**私信**
お友達Yさん、お土産に持ってきてくれたピンセットがかなり使い勝手良くて
キレイに簡単に取れましたー!!!
Yさん、ほんとアリガトねー!!!





**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-21 21:03 | ・マダニ日記

戦いの後・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


お疲れさま。
f0225883_8551654.jpg






**ランキングに参加しています**

今日も見に来てくれてありがとう♪
一日一回のクリックがランキングに反映します。

応援のクリックもらえたらとっても嬉しいです!!
(個人情報は届きませんのでご安心くださいね)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
こちらもよろしく♪

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
[PR]
by mammi_venezia | 2013-06-20 08:57 | +ALYON(アリ)とワンコ