ヴェネツィアーパリ寝台特急thelloの旅♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パリには寝台特急の「thello」に乗って行ってきました。
f0225883_05130586.jpg
個室の高い部屋を取ったので、今の時期、飛行機の方が安いのですが。
犬連れだし、私がまぁまぁ鉄子なところもあって寝台列車の旅してみたかったんです。
f0225883_05152324.jpg
thelloには、
簡易寝台6人男女相部屋。
簡易寝台4人男女相部屋・女性専用
寝台1~3人部屋があります。
1~3人部屋を相部屋で使うことも可能みたいですが、
男女カップルの場合は個室を予約しないといけません。
f0225883_05244234.jpg
わが家は個室寝台2人用(cabina privata 2letti)で予約。
定価だと2人で片道380€。
今回は冬の閑散期で片道300€で予約できました。
ちなみに予約はHPからネット予約もできるし、trenitaliaの窓口でもオファー料金で購入可。
ヴェネツィアサンタルチア駅構内にthelloの看板のかかった旅行代理店がありますが
手数料が50€ずつかかるので、駅で買う場合は必ずtrenitalia窓口で買ってください。
f0225883_05281445.jpg
部屋はめちゃくちゃ狭いです。
壁面にベッドが収納されていて、
ソファの部分がベットになり、ベットは最大3段まで。
隣り合わせの部屋を予約するとコネクティングルームにもなります。

アリちゃんがチッコするスペースはあり。
個室にはトイレはついてないのだけど小さな洗面台はあるので
パジャマに着替えてメイクも落として、朝にはフルメイクにし直せるのもけっこう良かったです。
あとは、相部屋だと犬はクレートに入れておかないといけないけれど、
個室に限ってはその必要もなくアリちゃんも快適な旅になりました。
f0225883_05371365.jpg
ベットは割とフカフカで寝やすく、お布団もついてるし、往復とも暖房も程よく快適。
まくらがペタンコで少し寝にくかったのと、揺れと音がすごいので神経質な方には不向き。
わたしは揺れが心地よくいつもより熟睡できたかも(笑)
音はかなりするけれど、そのおかげで隣の部屋に気を使う必要もあまりなく
お喋り夫婦には良かった感じです。
f0225883_05381962.jpg
乗車からしばらくすると、車掌さんが切符の点検と、パスポートを預かりにやってきます。
パスポートを預けるのはおそらくスイスを経由するからだと思います。
翌朝までパスポートは預けたままになります。

個室にはウェルカムドリンクのサービスと、朝食サービスがあって
夜にはシャンパンかジュース、
朝にはカフェとクロワッサンとジュースを食堂車で取ることができます。
食堂車に行くために、部屋を空ける場合は車掌さんに頼んで鍵をかけてもらう仕組みです。
わが家は犬連れで、犬は食堂車には入れないので、一人が取りに行って部屋に持ち帰ってました。
各部屋には一人一本のミネラルウォーターもついてきます。
f0225883_05502007.jpg
個室にはアメニティもついてきます。
スリッパ、アイマスク、耳栓、歯ブラシ、マウスウォッシュ。
あと、洗面台の水は飲めないので、歯磨き用のミネラルウォーターも。
f0225883_05524596.jpg
と、言うわけで犬連れ列車旅、まぁまぁ我が家は快適に旅ができました。

と、締めくくりたいのだけどここで一つ嫌なお話。
以前、犬連れ女子一人旅をしたお友達が、この列車で犬規定のことで
車掌と揉めて、お金をだまし取られた事件があったのです。
で、今回・・・・
同じ車掌かどうかはわからないけど怪しい事件が。
パスポートを預けた時は特に何も言われなかったんだけど
(恐らく隣の部屋の人たちが扉を開けたままにしていたので)
トイレに行こうとしたら廊下で車掌と出会いまして。。。。
そしたら「あのね、フツーなら犬は料金がかかるんだよ・・・」と
英語でしかも小声で話してきました。
で、すかさず「え?おかしいな~HPで見たら5キロ以下の犬は無料で
しかも予約もいらないって書いてるけど?何なら見る?」と、イタリア語で返したら。
「君、イタリア語話すの?」
「話すよ、住んでるし」
「あっ、そうだ、小型犬は料金要らなかったんだ、そうだそうだ・・・
 ごめんね、明日またパスポート返しに来るね、お休み」
まぁ、多分、旅行者で言葉が不自由なら特別に安くしとくよとか言って
小遣い稼ぎしようとしたんやないかな?
そう思います。

なので・・・・子供連れ、犬連れ、大量の荷物などなど。
ちょっと例外があるときはこちらのHP⇒クリック よくご覧になって
イタリアでは窓口の人が言った、聞いたは全く証明にならないので
スマホでスクリーンショットで残すなり、プリントアウトするなり、
何かあったら証拠をつきつけて有無を言わさない!!これが賢明です。

今回は明らかにサギっぽいけど、その係の人が規定を把握していない、
思い違いを一度したら撤回しないそんなことは日常茶飯事なのです。
thelloだけに限らずすべてのことにおいてありうることなのです。
残念な国でですが。
イタリア旅行に用意しすぎて損はないのでね、
f0225883_06042861.jpg
まっ、嫌なことは、とっとと忘れて楽しいパリ旅行の始まりです~♪♪





ブログランキング参加中です!! 最後にポチッとよろしくねー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mammi_venezia | 2015-01-26 06:14 | ・パリ
<< テロ後のパリとスリ。 動画・サンマルタン運河のアリちゃん。 >>